てんかん治療薬テグレトール

テグレトールは、てんかん治療薬としてや他の躁うつ病や神経痛、双極性障害といった症状にも用いられる効果的な医薬品です。
この医薬品は発売されてから40年以上にわたって用いられていて、患者の方々から多く支持されています。

テグレトールの成分は、カルバマゼピンで、てんかんと神経痛のどちらにも作用があるのですが、それぞれの因果関係はまだはっきり分かっていない面もあります。

テグレトールの効果は、三叉神経痛でもあります。
こちらも、有効的な改善治療法として現在の治療では、まずテグレトールを優先して使用するようになっています。

てんかん治療薬としての効果があり、脳神経の興奮をしずめることで、てんかん発作を予防します。
特に、部分発作に対して効果が高いと言われています。
症状としては、いろいろな運動症状や感覚異常、自律神経失調、精神変調、無反応などが上げられます。
全般発作では強直間代発作に適用していますが、欠神発作といわれる短時間で気を失う場合や手足のひきつり、脱力発作には無効と言われています。

テグレトールはこのようにてんかん治療薬として古くから処方されている医薬品です。
現在では、ネット販売でも入手が可能になっています。
入手が出来るとは言っても、医薬品であり副作用や飲み合わせで効果が強くなったり落ちてしまったりすることが多く報告されているので、ネット販売で入手する際には説明書の熟読を必ず行うようにして下さい。

ネット販売では、テグレトールの概要について詳しく掲載しているサイトがありますので、出来るだけ情報が多いサイトから購入をすることをお勧めします。
不明な点なども出来るだけ購入前に問い合わせてから、てんかんや三叉神経痛などの治療で用いるようにしましょう。

▼抗てんかん薬がネット通販で買えます
躁うつ病にも効くテグレトール400mg